<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
京都 (高雄、槇尾、栂尾) 紅葉見物-2
今年の紅葉は今ひとつと言う声をよく聞きますが、
探してみるときれいなところもあります。
京都の紅葉は背景の建物やお庭のおかげでとても美しいですね。
今回の写真は瓦や茅葺の屋根との組み合わせが多くなったようです。



1.
a0031741_16533336.jpg




2.
a0031741_16535184.jpg




3.
a0031741_1654133.jpg




4.
a0031741_16542397.jpg




5.逆さではありません・・・映りこみです(追記)
a0031741_1654321.jpg




6.
a0031741_16545647.jpg




7.
a0031741_165561.jpg




8.
a0031741_16551575.jpg




9.
a0031741_16553022.jpg




10.
a0031741_16554236.jpg

[PR]
by biwakokayo4 | 2007-11-28 17:02 | 京都
京都 (高雄、槇尾、栂尾) 紅葉見物
11月24日 朝5時30分に起きて京都駅6時50分始発のバスに乗って高雄へ行ってきました。
3年連続で行っていますが写真撮影と山を歩く気分の良さがたまりません。
神護寺は階段が多くて大変ですが、それでもたくさんの方が来られるのは
紅葉の美しさによるものでしょう。
今回は紅葉見物に来られた方を入れた写真特集です。


1. 
a0031741_18472637.jpg




2.
a0031741_18475321.jpg




3.
a0031741_1848679.jpg




4.
a0031741_18481990.jpg




5.
a0031741_18482782.jpg




6.
a0031741_18483797.jpg




7.
a0031741_18484671.jpg




8.
a0031741_18485548.jpg




9.
a0031741_18491469.jpg




10.
a0031741_1849293.jpg




11.
a0031741_18493946.jpg




12.
a0031741_18494958.jpg

[PR]
by biwakokayo4 | 2007-11-25 19:02 | 京都
近江八幡 八幡山にて

1585年(天正13年)、豊臣秀次によって築城。
標高271.9mの八幡山最頂部に本丸をもうけ、
二の丸、西の丸、出丸が配置された一大要塞であったと推測されます。
現在は石垣を残すのみですが、本丸跡には、瑞龍寺が建っています。
              (八幡山ロープウェーのサイトより引用)



1.
a0031741_1237974.jpg




2.
a0031741_12373795.jpg




3.
a0031741_12374856.jpg




4.
a0031741_1238065.jpg




5.
a0031741_12381096.jpg




6.
a0031741_12382127.jpg




7.
a0031741_12383480.jpg

[PR]
by biwakokayo4 | 2007-11-22 14:00 | 滋賀
秋の日、近所の公園で
昨日は用事で愛知県まで行って来ました。
お昼間は陽射しが強く暑かったので車のクーラーを入れましたが、
夕方帰るときは寒くなって暖房を入れました。
今朝は朝から風が強く寒いです。
気温の差が大きいと風邪を引きそうですね。
お互い気をつけましょう。


下の写真は上の文と関係なく、家の近所の公園でのお散歩写真です。


1.
a0031741_8282769.jpg




2.
a0031741_8293539.jpg




3.
a0031741_8294569.jpg




4.
a0031741_8295321.jpg




5.
a0031741_830331.jpg




6.
a0031741_8301399.jpg

[PR]
by biwakokayo4 | 2007-11-18 10:10 | 滋賀
煌めく琵琶湖
とてもいいお天気だったので久し振りに湖西マキノの方までドライブをしました。
湖南の方は今は湖面に藻が繁殖してきれいではないので・・・。
琵琶湖も北に来ると透明度が違います。



1. 青空が湖面を同じ色に染めて
a0031741_13443475.jpg




2. キラキラと輝く湖面
a0031741_13444294.jpg




3. 竹生島行きの観光船
a0031741_13444987.jpg




4. 何度来てもいいところです
a0031741_13445829.jpg




5. モミジの背景になっているのが桜並木で有名な海津大崎 小さい島が竹生島
a0031741_1345562.jpg




11月11日、琵琶湖博物館に来られた天皇陛下と美智子妃殿下

第27回全国豊かな海づくり大会~びわ湖大会に臨席の為、
滋賀県に13年ぶりに来られました。


6.最初、来られた時は光が強くてお顔が暗くなってしまいましたが目線はこちらに・・・
a0031741_13451410.jpg




7.それで、お帰りを待って・・・(ナンバープレートがないのですね(笑))
a0031741_13452115.jpg




8.天皇陛下のお車には菊のご紋の赤い旗が飾られています
a0031741_13453255.jpg




9.今度はお顔をはっきり写せました・・歓迎の人々に心からの笑顔で手を振っていらっしゃいました
a0031741_13454145.jpg




両陛下がお越しになるに当たって関係箇所周辺がとてもきれいに整備されました。
きれいになるのはいいのですが、この時だけ・・・と言うのはちょっと複雑な気分です。
[PR]
by biwakokayo4 | 2007-11-13 15:30 | 滋賀
気楽なお散歩写真
春のような秋の日、暖かいのはいいけれど
紅葉も気になり始めていますが・・・・。



1.
a0031741_12552258.jpg



2.
a0031741_12555938.jpg



3.
a0031741_12561532.jpg



4.
a0031741_12563955.jpg



5.
a0031741_12565497.jpg



6.
a0031741_1257597.jpg

[PR]
by biwakokayo4 | 2007-11-10 13:02 | 滋賀
西国三十三カ所霊場の第12番札所 岩間寺(正法寺)-2・・・柴灯護摩供火渡り式
いよいよ、柴灯護摩供火渡り式が始まりました。
燃え盛る火を見ていると悪いものが全部燃えてなくなるような気がします。



1. 緊張の表情 (今回初めて矢を射る方のようです)
a0031741_1310421.jpg




2.気合を込めて
a0031741_13105321.jpg




3.点火されて・・周囲の方も念仏を唱えられています
a0031741_13111774.jpg




4.
a0031741_13112818.jpg




5.火渡りの準備中
a0031741_13114827.jpg




6.さすが、落着いてゆっくりと渡られます
a0031741_13115959.jpg




7.渡る前には神剣を頭にあててもらいます
a0031741_13121322.jpg




8.一般の方は手を添えてもらって安全に渡ります
a0031741_13122448.jpg




9.今回は火の上に渡した木の上を渡ります(5月は炭火の上を歩きました)
a0031741_1312359.jpg




10.ほとんど終わって笑顔が見られました
a0031741_13125157.jpg

[PR]
by biwakokayo4 | 2007-11-06 13:27 | 滋賀
西国三十三カ所霊場の第12番札所 岩間寺(正法寺)-1
大津市 岩間寺では毎月17日、いろんな行事が執り行なわれます。
10月17日は ぼけ封じ祈願会・焙烙灸・もちまき・柴灯護摩供火渡り式がありました。
まずは朝の境内を散歩してみました。




1.お寺が山の上にあるので、とても見晴らしがいいです
a0031741_7531492.jpg




2.芭蕉の句が詠まれたという池があります
a0031741_7532553.jpg




3.南天の実が赤く染まりはじめています
a0031741_7533874.jpg




4.ハスの葉に朝日がさして
a0031741_7534891.jpg




5.微笑ましい記念撮影
a0031741_7541547.jpg




6.だんだんと人が多くなってきました
a0031741_754378.jpg




7.いろんな儀式が行われているようです
a0031741_755232.jpg




8.カメラ目線で・・・
a0031741_7551233.jpg




9.待ち時間・・・ほっと一息
a0031741_7551933.jpg




10.餅まきの準備
a0031741_7552737.jpg



 京都・滋賀の境にある標高443mの岩間(いわま)山頂付近にあります。奈良時代に、泰澄(たいちょう)がカツラの木で千手観音を刻み、本尊にしたのが始まりと伝えられています。室町時代に西国三十三カ所霊場の第12番札所となって以来、多くの巡礼者が参詣するようになりました。本尊の観音像は、人々を苦しみから救うために、毎晩136の地獄を巡るので全身から汗を出すといわれ、「汗かき観音」として広く慕われています。
 木立ちに囲まれ、ホトトギスの声が聞こえる境内には、本堂や大師堂などの建物が並び、本堂横にはしっとりとした独特の趣がある古池があります。この池は、「芭蕉の池」といわれ松尾芭蕉(1644-94)が「古池や蛙飛び込む水の音」という名句を詠んだといわれています。
〈重文〉木造地蔵菩薩立像 木造不動明王二童子立像3躯
    (滋賀県観光情報より引用)
[PR]
by biwakokayo4 | 2007-11-01 08:27 | 滋賀