近江八幡 八幡山にて

1585年(天正13年)、豊臣秀次によって築城。
標高271.9mの八幡山最頂部に本丸をもうけ、
二の丸、西の丸、出丸が配置された一大要塞であったと推測されます。
現在は石垣を残すのみですが、本丸跡には、瑞龍寺が建っています。
              (八幡山ロープウェーのサイトより引用)



1.
a0031741_1237974.jpg




2.
a0031741_12373795.jpg




3.
a0031741_12374856.jpg




4.
a0031741_1238065.jpg




5.
a0031741_12381096.jpg




6.
a0031741_12382127.jpg




7.
a0031741_12383480.jpg

[PR]
by biwakokayo4 | 2007-11-22 14:00 | 滋賀


<< 京都 (高雄、槇尾、栂尾) 紅葉見物 秋の日、近所の公園で >>