琵琶湖 冬の風景 コハクチョウが草津湖岸に来ました
冬の琵琶湖は渡り鳥で一杯になります。
特に鴨が多くて・・黒ゴマをまいたように見える場所も・・・
お天気がいいと鳥を眺めているのも楽しいですね。
すごく大きな望遠レンズも見かけます。
時々覗かせてもらいますが、すごく大きく見えます。



1.湖西の方角は時雨れて虹が見られました
a0031741_925659.jpg



2.遠くに見えるのは琵琶湖越しの鈴鹿山脈でしょうか・・・
a0031741_93344.jpg



3.鴨が2羽ずつ同じ方向を見ているのがおもしろくて・・・
a0031741_934533.jpg




4.鴨(雄)が水面から上がってきます・・水かきの下には水滴があるのですが・・・縮小すると見えないですね
a0031741_94059.jpg



5.鴨(雌)・・かわいいでしょう
a0031741_94779.jpg



6.トンビが2羽・・・街灯の上から同じ方向を見ています
a0031741_941560.jpg



7.カワウが急いで飛んで行きます
a0031741_942137.jpg



8.ようやく草津までコハクチョウが来ました
a0031741_9437100.jpg



9.お天気が悪いと水面が灰色で写真が冴えません 
a0031741_94438.jpg



灰色が今年生まれたコハクチョウの赤ちゃんです。
シベリアから飛んでくるんです。
遠いのにすごいですね。
来春帰る頃には羽の色も変わってきます。
[PR]
by biwakokayo4 | 2006-12-12 10:01 | 滋賀


<< 雨の京都  京都にて・・・ >>