沖縄で出会ったヒロシ君
沖縄でサトウキビ畑を写していたら、
通りかかったのがヒロシ君でした。
色々お話をして、黒砂糖を作っている所のことを教えてもらいました。
それで翌日行ってみることにしました。
さとうきびを絞ってその汁を煮詰めていって黒砂糖を作ります。
その時、サトウキビの搾ったカスを乾燥したものを燃料として使っていました。
作っている途中の汁を味見させていただいたら
ぜんざいのような甘さでした。
とてもおいしくておかわりをしました。(笑)
おじさん達にヒロシ君の話をしたら
とても懐かしそうな表情になりました。
ヒロシ君は与那国島に行くといっていたけど
いまごろどうしているかな~~。


ヒロシ君
a0031741_20224088.jpg




燃やしているのはサトウキビの絞りカス
a0031741_20233247.jpg



サトウキビを縛る機械
a0031741_20234372.jpg

[PR]
by biwakokayo4 | 2005-07-18 20:35 | 沖縄の旅


<< 美しい沖縄の海を見たくて・・・・ 夏の少年・・・「垣花樋川」(か... >>