岡山県備前市 日生(ひなせ)漁港周辺にて
岡山県備前市、日生漁港。
ここは牡蠣の養殖で有名で、養殖用のいかだが湾の中にもたくさんありました。
そして「かきおこ」で最近町おこしをしています。
かきおことは? 牡蠣入りのお好み焼きのことだそうです。
私達は食堂では「お刺身定食」を注文しましたが
お昼寝ができるほど待たされました。(笑)
早朝出発したのでちょうどウトウトと一休みできましたが・・・・

1.朝の日生漁港、サギとカモメがおしゃべりしているよう
a0031741_18234287.jpg

2.ホタテの貝殻
a0031741_18235023.jpg

3.牡蠣養殖のいかだ群
a0031741_18235966.jpg

4.作業中
a0031741_182499.jpg

5.この方は近くの島から自分の船でお買い物に来られていました
いちばん奥にうすく見える島は小豆島だそうです
a0031741_18241987.jpg

6.急遽、夕陽も撮ってから帰ることに
a0031741_18243077.jpg

7.展望台まで登ってみましたが結構歩きます
a0031741_18244537.jpg

8.しかし、暗くなると怖いので・・・
a0031741_18245473.jpg

9.展望台から少し降りて道路脇で夕陽を撮影
a0031741_1825039.jpg


写真2のホタテガイは? 調べてみると・・・・(以下引用)
牡蠣の養殖では、牡蠣の幼生が浮遊し始める夏のはじめにホタテの貝殻を大量に海中に吊るします。
すると幼生がホタテの貝殻に付着して海の栄養で成長し、冬にはおいしい牡蠣になります。
ちなみにホタテを使用する理由は、牡蠣の幼生が付き易くまた形が揃っていて作業がしやすいためです。
[PR]
by biwakokayo4 | 2011-12-18 18:54 | 広島、岡山の旅


<< Frohe Weihnacht... 長浜市木之本町 鶏足寺(旧飯福寺) >>