韓国-3  世界文化遺産 伽倻山海印寺 
海印寺(大邱市の西40数キロにある)は韓国三大名刹の一つで
創建は新羅時代の僧侶義湘が802年伽倻山山中に建立したとされ、
現在の本殿は1817年に再建されたと紹介されている。
また海印寺は韓国仏教の象徴ともいわれる代表的な聖地で
経典、高麗大蔵経板が収められている蔵経板殿は 1995年 世界文化遺産に登録されました。
床は木炭と石灰そして塩を重ねて盛り上げたもので、版木の保存を第一に考えた工法が採られている。
つまり多湿時には湿気を吸収し、乾燥時には湿気を建物内に放つ事で、いつでも一定した湿度を保つように考案されているのである。
ここに納められている高麗大蔵経の版木は合計81258枚あり、これが八万大蔵経と呼ばれる由縁にもなっている。

1.山道をバスで登って行きます
a0031741_19554967.jpg

2.参道にはいろんな食品を売る露店が準備中でした
a0031741_19555961.jpg

3.参道は長いです
a0031741_1956835.jpg

4.何かイベントがあるようです
a0031741_19561350.jpg

5.
a0031741_19562328.jpg

6.
a0031741_1956322.jpg

7.両側の扉を撮ろうとふと振り返ると深々とお辞儀をしている女性がいました
a0031741_19563755.jpg

8.境内に入るとテレビ局の中継車も来ていました
a0031741_19564459.jpg

9.
a0031741_19565490.jpg

10.
a0031741_19565965.jpg

11.描かれた絵も美しいですね
a0031741_19571370.jpg

12.奉仕の女性たちでしょうか
a0031741_19572093.jpg

13.すべてが色鮮やかに塗られています
a0031741_19572872.jpg

14.素晴らしいです
a0031741_19573834.jpg

15.
a0031741_19575164.jpg

16.カメラマンもスタンバイ
a0031741_195825.jpg

17.お坊様も見えます
a0031741_19581079.jpg

18.少しずつ人が増えてきて
a0031741_19582059.jpg


参道を戻る途中で民族的な服装の行列を見ることができました
19.
a0031741_19582898.jpg

20.
a0031741_1958403.jpg

21.
a0031741_19585439.jpg

22.
a0031741_1959020.jpg

23.
a0031741_1959777.jpg


現地ガイドさんに聞いたら
高麗大蔵経の版木を半永久に保存できる版に作り替える/作り替えたということでした。
[PR]
by biwakokayo4 | 2011-11-16 20:04 | 韓国の旅


<< 韓国-4(最終回) 世界文化遺... 韓国-2 世界文化遺産 陶山書... >>