岐阜県 多治見修道院
信州の旅の続きに岐阜県多治見の窯元を見たいと調べたら
何とこんな素敵な修道院があることがわかりました。
建物内部は撮影禁止の為お見せできないのが残念です。

1. 修道院正面からの眺め、建物はコの字型になっています
a0031741_12525728.jpg

2. 入口の上にはカリヨン
a0031741_12531865.jpg

3. ルルドのマリア像(を真似て作られたもの)・・・中庭にあります
a0031741_12535131.jpg

4. 教会の周りはブドウ園になっています
a0031741_1254876.jpg

5. 収穫の終わったぶどうの葉が色づいています
a0031741_12543184.jpg


★神言会多治見修道院   
昭和5年、カトリック神言修道会宣教師 ドイツ人のモール神父によって、修道生活と邦人会員の養成を目的に設立。日本における男子三大修道院のひとつ。地上3階、地下1階の木造建築。周囲に広がるぶどう畑で栽培し、地下室で醸造・貯蔵される「修道院ワイン」が売店で販売されており人気。
第二次世界大戦中はワインの輸入が出来力なくなった為、日本中の教会にミサ用ワインとして多治見のワインが供給されたという歴史も。秋には収穫祭「ワインフェスタ」が開催され、多くの修道院ワインファンで賑わう。(多治見観光案内より)
[PR]
by biwakokayo4 | 2010-11-24 15:11


<< 雨の日もまた楽し 京都 高雄 神護寺-2 >>