世界遺産 秦の始皇帝陵 兵馬俑 (姫路市、太陽公園)
兵馬俑とは古代中国で死者を埋葬する際に副葬された俑のうち、兵士および馬をかたどったものを指す。
畑を営んでいた住人が井戸を掘ろうとして偶然見つけたのがきっかけだった。
発掘されて、世界を驚かせたのは1974年、世界遺産になったのは1987年。
これらの兵士の俑にはどれ一つとして同じ顔をしたものはないことや、秦の軍隊がさまざまな民族の混成部隊であったこと
及びかつての秦の敵国が存在した東方を向いて置かれていたこと等である。
姫路市の太陽公園では、兵馬俑が秦始皇兵馬俑博物館をそっくりそのまま再現されており、
一般公開され本場の兵馬俑をうかがい知ることができる。
(Wikipediaより抜粋)
・・・ということで、私が行ったのは姫路市の太陽公園でした。(笑)
1.
a0031741_1826272.jpg

2.
a0031741_18261193.jpg

3.
a0031741_18261913.jpg

4.
a0031741_18263591.jpg

5.
a0031741_18264340.jpg

6.
a0031741_18265078.jpg

7.
a0031741_18270100.jpg

8.
a0031741_18271175.jpg

9.
a0031741_18272213.jpg

10.
a0031741_18273234.jpg

[PR]
by biwakokayo4 | 2010-04-10 18:48 | 大阪・兵庫


<< 桜 世界遺産 姫路城-2 >>